【新型コロナ】臨床実習はどうなる?当院の学生の対応




勉強・実習の悩み

臨床実習を少しだけ楽しく過ごすためのnoteを販売しております。

  • 実習でつらい思いをしたくない
  • 楽しく過ごしたい
  • 人間関係が不安だ
  • 実習を落としたくない

そんな学生に向けて「実習を楽しんでほしい」と心から願う指導者目線の内容となっています。

学校では教えてくれない、実習中の過ごし方。

無料部分もあるので、実習に悩んだらぜひ覗いてみてください。

 

「落ちない実習」ダウンロード≫ 
 
「実習生の声」ダウンロード≫

 

「新型コロナウィルスが蔓延してるけど臨床実習はどうなるの?」

 

そんな疑問にお答えします。

臨床実習は学生のカリキュラムの1部であり、実習に参加しないと卒業できません。

だから基本的には実習は中止や延期にならず、実施されると思います。

 

そこで、当院における学生対策をまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 




病院が臨床実習を「受け入れ拒否」する学生

当院では以下に該当する臨床実習生の受け入れを拒否いたします。

 

  1. 過去14日以内に海外への渡航歴がある学生
    国による選別は致しません、どの国であろうと受け入れは拒否いたします。
  2. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている学生
    倦怠感や呼吸困難のある学生は学校の指示に従い、保健所に相談してください。

 

上記2点に当てはまる学生は、まことに申し訳ありませんが受け入れできない状況となっています。

オリエンテーションも控えていたいております。

 

また、その他コロナウイルスの疑いが強い場所に出かけている場合(感染者と同じ場所にいたなど)や、体調不良がある場合は速やかに学校に相談していただくことにしています。

 

病院が臨床実習を受け入れるが「予防」の観点からお願いすること

臨床実習に参加する場合、以下の事を学生にお願いしています。

 

  1. 毎朝の検温
  2. 作業ごとの手洗い・うがい
  3. マスクの着用

 

特に「3.マスクの着用」は現状のマスク流通から困難な事があるかもしれません。

病院も、職員1人に対してマスクは1日1枚で対応しており、とても学生の分まで用意できません。

 

学生は、マスクを自分で用意するか、学校から支給していただくようにお願いします。

マスクが着用できない場合は、実習の受け入れができない場合もあります。

その際は実習担当者にご相談ください。

 

臨床実習が中止になる場合

すでに、ある病院では病院実習の受け入れを中止しており、再開は未定であるとアナウンスされています。

当院も、もしかしたらそうなるかもしれません。

 

Twitterでアンケートを取った結果がこちらです。


 

 

まだ通常に受け入れている病院も多いのですが、今後のコロナウイルスの状況によっては予断は許しません。

もし実習中止になったらどうなるのか?というのは厚生労働省も文部科学省も特に声明を発表していないので、辛抱強く待ちましょう。

 

2021年(第56回)の理学療法士国家試験の開催もどうなるか…。

 

一応こんな通達があります。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う医療関係職種等の各学校、養成所 及び養成施設等の対応について【文部科学省】>>>

↑についてまとめた記事がこちら↓

【コロナで中止!】もしも実習が中止になったら留年?卒業できるの?
新型コロナ(covid-19)で実習中止になったらどうなるの?という学生の不安にお答えします。結論から言うと、中止になっても留年しないし国試も受けられます。