彼女『運転上手いね!』助手席の子が嫌がらないマニュアル運転のコツ

モテる技

マニュアル車って運転が難しいらしいです。

走っててエンジン回転数が合わずにガックンガックンなったり、坂道発進ができずにちょっとづつ後ろに下がったり。

オートマ車ではありえない動きをしたりします。

 

マニュアル車をはじめて見る彼女

女の子
女の子

マニュアル運転できるの!?かっこいい!

しばらくして・・・

へたくそな運転に突き合わされた彼女

女の子
女の子

つ、次は私が車出そうか?

 

へたくそな運転では誰も助手席に乗ってくれなくなります。

マニュアル車は本当に運転の良し悪しが出ます。

ポルポル君
ポルポル君

タクシーもそれが原因でオートマになったんだぞ

 

それを聞いてATかMTか悩んでいるならぜひこちらの記事をご参照ください。

ATとMTどっちを取ればいい?免許討論に終止符を打つ!
AT限定でも全然問題なく生活できるけど、悩むくらいならMTとっとけ!という話です。

 

下手な運転は徐々に改善させていくしかありません。

ここではマニュアル車を少しだけ上手く運転できる『速度の合わせ方』を学んでください。

ギアを上げ下げするタイミングがバッチリ合えば、すごくスムーズな運転が可能になります。

 

 

マニュアル車を運転する上で気を付ける2つの事

上手な運転する上で気を付けることは2つあります。

まず1つめは回転を上げすぎないということ。

1速や2速で5,000回転とかまで引っ張ってしまうと、かなり運転しにくくなります。

ギアチェンジの時に急激なエンジンブレーキがかかったり、エンジン音で会話ができなくなってしまいます。

また、速度も出やすいので危険です。

ポルポル君
ポルポル君

女を乗せてると良いかっこしたい気持ちもわかるけど、女はそれを求めてないぞ

 

2つ目は半クラッチを使いすぎない事。

クラッチの繋ぎ方が下手な人は、半クラッチの時間が異様に長いです。

気持ちは分かるけど、そんなにビビらなくてもOK。

車が動き出したらクラッチから足を離して大丈夫だから!

ポルポル君
ポルポル君

半クラッチは『カックン』を防止するけど、そこまで神経質にならなくてOK

 

マニュアルを上手く操ろう!速度とシフトチェンジ

まず車というのは『速度』と『ギア数』によってスムーズに走れるかどうかが決まってきます。

 

停止状態(速度0km/h)から、ギアを3速に入れて発進できますか?

ちょっと難しいですよね。

これは速度とギアが合っていない事から起こります。

逆に、時速100km/hで、1速に入れたらどうなるでしょう?

タイヤはロック(オーバーレブという)し、スピンしてしまいます。

 

【覚えておきたい】
km/h(キロメートル・パー・アワー)とは、車の速度を表す単位

 

この『速度』と『ギア』の関係を知っておけば、スムーズな運転ができるようになるでしょう。

 

速度とギアの関係は以下の通りです。

 

【ポイント】
・ギアを上げるタイミング=入っているギア×10+10km/h
簡単に言うと

速度の10の位=入れるべきギア

このような計算で成り立ちます。

詳しくは次の項からどうぞ

 

発進~20km/h

発進は当然1速に入れます。

ではどこまで1速で走るか?という所が問題です。

運転が下手な人のポイントは2つ。

  1. 2速に上げるのが早すぎる
  2. 2速に上げるのが遅すぎる

 

運転が下手な人は、2速に上げるのが早すぎてエンジンが『カラカラカラッ‥!』と、振動するようになります。

 

それか、2速に上げるのが遅すぎて速度が出すぎているので、2速に上げたとたんにエンジンブレーキが効いてしまい『ガックン!』と、急ブレーキがかかったように頭が前にお辞儀してしまいます。

この運転をする人は超絶に下手なので、女の子からは

女の子
女の子

こっわ!あんまり乗りたくない!帰りたい!

と、思われてしまうのです。

ポルポル君
ポルポル君

そんな君は見栄をはらずにオートマにどうぞ

もうオートマに乗って欲しいレベル。

マニュアルなんて乗らなくてもオートマで上手に運転できるならそのほうがいいでしょう。

 

それでもマニュアル車に乗りたいという勇者へ。

同乗者を不快にさせない運転をするには、シフトアップ&ダウンのタイミングが重要です。

どのタイミングで1速から2速に上げたらいいか、というと、時速20kmを超えたときです。

先ほどの計算式を思い出しましょう。

 

【ポイント】
・ギアを上げるタイミング=入っているギア×10+10km/h
簡単に言うと

速度の10の位=入れるべきギア

いまは発進なので1速に入っているはずです。


先ほどの式に当てはめると

ギアを上げるタイミング=入っているギア×10+10km/h

ですから

ギアを上げるタイミング=1速×10+10となりますので、1×10+10=20km/hとなります。

1速から2速に上げるタイミングは『20km/h』ということになります。

 

反対に、速度からギアを逆算する場合は

速度の10の位=入れるべきギア

ですから20km/hの時は10の位である『2』速に入れればいいわけです。

これを守る事で、エンジンが『カラカラ…!』と音が鳴ったり、『ガックン!』となったりしないようになります。

つまり、0~20km/hで車が動いている場合は1速を使用しましょう、ということ。

 

10の位ということなので、19km/hでも1速を使用します。
25km/hでは2速です。

 

20~30km/h

となると、2速から3速に上げるタイミングも分かりますね。

 

ギアを上げるタイミング=2速×10+10となりますので、2×10+10=30km/hとなります。

 

 

時速30kmになれば、10の位が『3』なので3速に上げる、ということです。

特に難しいことは無いですが、10の位のギアに入れればOKだということを忘れないでください。

 

例外として、0~9kmは『1速』
5速までの車は『60km/h以上は5速』

 

入れるべきギア早見画像

よく分からない方は、こちらの画像を参考にしてください。

スマホでは見にくいかもしれませんが、ご了承ください。

 

【速度とギアの繋がり】
0~20km/h:1速
21~30km/h:2速
31~40km/h:3速
41~50km/h:4速
51~60km/h:5速
61~70km/h:6速
71~180km/h:6速

 

もちろん、これは加速する時だけではありません。

減速する時も使えます。

60km/hから徐々に減速する時は

50km/h台:5速→40km/h台:4速→30km/h台→3速…

と、減速していくと物凄くスムーズに減速できますし、同乗者に不快な思いをさせません。

ポルポル君
ポルポル君

速度に合わせたシフト操作を心掛けると褒められるぞ

 

まとめ:運転が下手な人はギアを適当に選んでいる!

速度とギアの関係は理解していただけましたでしょうか?

運転が下手な人は、相対的にこの速度とギアの関係を理解していない人が多いです。

車はあなたの命令を的確に行動にうつす生き物です。

あなたがしっかりと指示してあげないと、車は言う事をきいてくれません。

 

乗っていて不快になるレベルでは、マニュアル車でなくオートマ車を選んだ方がいいと思います。

しかし、この速度とギアの法則を理解し、うまくモノにできれば

 

女の子
女の子

運転じょうずだね!また乗せてね!

という具合になるかもしれません。

私は運転が上手いので、後部座席に乗っていた女の子が言いました。

こんなクルマ(RX-7)のオートマなんてあるんだねぇ

ポルポル君
ポルポル君

マニュアルだぞ(シフトがちゃがちゃ)

女の子
女の子

えっ!?気づかなかった!

カッコいい車にのっても、運転が下手だと一気に評価はガタ落ちします。

むしろ『マニュアルであると悟らせない走りができる』ことが、運て演技術が高い証拠だと思います。

カッコいい車に乗るのもいいですが、まずはその運転技術を磨くところから始めてみませんか?

 

【安くてカッコいい車の選び方はこちら】

100万円台で買える!女子大生にモテる車3車種!
女の子にキャーキャー言われる車に乗りたい!100万円というお金は決して貯められない額ではありません。どうせ買うならモテる車を買っちゃいましょう!