学生は知らない筋トレとバランス練習の方法と使い分けを教えます【リハビリ臨床実習対策】

治療




「とりあえず適当にキッキングとブリッジを10回行きましょうか!みんなやってるし!」
「バランス練習は片足立ちとかステップ練習をやっておけばいいですよね!」

 

そんなわけあるか

 

筋力強化エクササイズ(以下筋トレ)やバランス練習を実施する時、どこまえ深く考えてやっていますか?

 

  • なんとなく10回やってるし抵抗もなんとなく調整してる
  • 指導者や周りのスタッフがやってるようにやってる

 

そんなやり方では意味がありません。

学生こそ筋トレ、バランス練習の意味を知り、患者に合った運動を実施すべきです。

 

筋トレとバランス練習をすることで患者の身体機能はかなり改善します。

しかし間違ったやり方では全く効果のない代物になってしまいますので、今の内から筋トレとバランス練習の方法、考え方を学んでください。

【参考書】

 

筋力強化エクササイズ(筋トレ)の実施方法

筋トレの方法はいくつかあります。

 


  1. 自動運動(自動介助運動):低負荷で痛みのある時期でも調整しながら実施できる
  2. 徒手抵抗運動:セラピストが任意で負荷量を調整できる
  3. 重錘運動:1度設定すれば患者自身で運動できる
  4. セラバンド:引っ張る距離で負荷量が決まるため、自分で調整しやすい

 

どの方法を使用しても構いませんが、患者の性格や認知機能などを考慮し、その人に合った方法を提供しましょう。

筋トレの実施スタイルが良くわからなければ『徒手筋力検査法(MMT)』のやり方に準じてください。

MMTの姿勢や負荷のかけ方で行えば、指定された筋力強化が可能です。

しかも注意点や声のかけ方、代償動作も載ってますので、筋トレの方法に困ったらMMTをみることを強くおすすめします。

 

MMTのいい点は筋を個々に鍛えることができる点。

たとえば腕を鍛える筋トレもMMTを見れば識別できることがわかります。

上腕二頭筋、腕橈骨筋、上腕筋を別々に評価できましたよね?

あれを使えば、様々な筋肉を個別に鍛えることもできるというわけです。

 

筋トレをするときに考えたい『等尺性・求心性・遠心性収縮』

筋収縮にはそれぞれ特徴があり、5つに分類されていたのを思い出してください。

 


  1. 等尺性収縮(isometric contraction)
  2. 求心性収縮(concentric contraction)
  3. 遠心性収縮(eccentric contraction)
  4. 等張性収縮(isotonic contraction)
  5. 等速制収縮(isokinetic contraction)

 

このうち、 等張性収縮と等速制収縮はマシンがなければ実施できないので臨床現場では 等尺性・求心性・遠心性収縮を利用していきます。

こちらも患者に合わせた活用をしていきましょう。

それぞれの特徴を説明していきます。

 

等尺性収縮(isometric contraction)の特徴

【メリット】

  • 関節を動かしてはいけない状況でも筋トレが可能
  • 運動時痛があっても筋トレ可能
  • 寝ていてもできる
  • 酸素消費量が少なく、呼吸器疾患にも適応する

【デメリット】

  • 血圧があがりやすい
  • 疲労しやすい
  • 過負荷になりやすい
  • 運動を自覚することが難しい

 

等尺性収縮はギブス固定をされていても関節運動を伴わず運動できるのがメリットです。

関節炎などがあっても運動理解ができれば積極的に実施していくといいでしょう。

ただし、いきみ動作による血圧上昇(バルサルバ現象)に注意します。

関節運動が起こらないため高齢者や認知機能低下している方には修得しにくい運動です。

 

求心性収縮(concentric contraction)の特徴

【メリット】

  • 関節運動がおこるので理解しやすい
  • 過負荷になりにくい
  • ADLにつなげやすい

【デメリット】

  • 関節破壊のある場所には禁忌となる
  • 痛みがあると実施できない
  • 負荷量の調節が難しい
  • スピードのコントロールが難しい

 

求心性収縮は筋の起始と停止が近づいていく運動です。

一般的に親しまれている運動なので、誰でも理解しやすいのが特徴。

ただし、負荷量の調整には気を使って評価しないと軽すぎたり強すぎたりしてしまいます。

また、関節などに痛みが出る場合があるので注意です。

 

遠心性収縮(eccentric contraction)の特徴

【メリット】

  • より大きい負荷を与えることができる
  • 筋力増強に適している
  • スピードのコントロールがしやすい

【デメリット】

  • 筋、関節への負担が大きい
  • 骨粗しょう症患者には禁忌
  • 運動が理解しにくい

 

遠心性収縮は筋の起始と停止が離れながら筋発揮していく運動です。

筋力強化、筋肥大させることに優れていて特にスポーツ関係の対象に実施することが多いメニューです。

しかし病院でも、ゆっくり座る運動などで取り入れているので、ぜひ活用していきたい運動ですね。

 

筋トレの回数は何回にしてる?RM(Repetion Maximum)の法則

RM(Repetion Maximum)とは最大反復負荷のことです。

10RMであれば、10回ギリギリ上がるけど11回目は上がらないという負荷量。

病院で10RMという超負荷で運動することはまずありませんが、RMを参考にして負荷量を決めていくべきだと思います。

 

いつも同じ負荷量で10回運動してても仕方ありません。

 

  • いつもと同じ負荷量で20回やってみる→15回目で筋出力が落ちてきた→15RMである
  • これを繰り返して20回やっても筋出力が落ちなくなってきた→負荷量(抵抗)を上げよう

 

このように考えていくべきです。

ちなみに、RMは低いほど筋肥大に向き、多いほど筋持久力の向上に向きます。

筋トレしている筋にどのような特性をつけていきたいか考えれば、回数は10回では済まないはずです。

 

  • 歩行継続距離を伸ばしたい(持久力が目的)→ブリッジ30回~50回
  • 手を使わずに立てるようにしたい(筋力強化が目的)→ブリッジ、スクワット5回

 

このように変化するはずですが、あなたは回数変化させているでしょうか?

 

【RMと効果】

  • 1RM:筋肥大
  • 5~12RM:筋力強化
  • 30~60RM:筋持久力強化

 

 

バランス練習の実施方法

バランスとは『支持基底面内に重心線を位置させることで状態が安定している状態』を指します。

 

バランス練習は筋力強化や可動域exだけで改善させようと思っても改善しません。

バランスには反射、感覚、反応などが加味されるので非常に難解なもの。

バランス練習には主に4つの種類があります。

 

  1. 支持基底面を減らす方法(片足立ちなど)
  2. 重心を移動させる方法(座る→立つ、手を挙げるなど)
  3. 支持面を不安定にする方法(不安定板の使用など)
  4. 感覚入力を減らす方法(目を閉じるなど)

 

患者に不足しているバランス能力を捉え、練習していってください。

まずは安全に配慮し、平行棒内などから始めると良いでしょう。

 

静的バランスと動的バランス

バランスには静的バランスと動的バランスがあります。

 


  1. 静的バランス:物体が静止しているときに不意な外乱が加わってもその場から動かず保持できる、または転倒しないようにバランス戦略(ステップ反応など)がとれる状態
  2. 動的バランス:物体が動いているときに不意な外乱が加わ手も平衡感覚を保ちながら動作を遂行できる状態

 

この2つが折り重なり、バランス能力を保っています。

特に高齢者の場合、この2つ共に低下していることが多いので分けて評価するべきです。

静的バランスにも動的バランスにもさまざまな要因が絡んでいることを忘れないようにしなければなりません。

 


【バランス能力に影響を与える要因】

  1. 平衡機能(原始反射、立ち直り反応など)
  2. 運動能力(関節柔軟性、筋力、敏捷性、骨アライメントなど)
  3. 感覚機能(皮膚感覚、運動覚、視覚、聴覚など)
  4. 認知機能(理解力、集中力、注意力など)
  5. 環境(床面状況、明暗、障害物など)

 

もしバランスが悪いと感じたら、これらの評価もすることをおすすめします。

 

バランス能力の評価

バランス能力の評価は以下の通りです。

 

  • 開眼片足立ち:健常高齢者で15秒
  • FRT(Functional Reach Test):25cm以下で歩行介助レベル
  • Timed Up & Go test:10秒未満で歩行自立、30秒以上で歩行障害
  • BBS(Berg Balance Scale):46点以上自立

 

詳しい説明やカットオフ値はこちらの記事をご参照ください。

調べるのが面倒なリハビリ評価のカットオフまとめ【リハビリ臨床実習対策】
臨床実習でよく使う評価のカットオフをまとめました。実習評価の参考にしてください。

 

目的のADLに合ったバランス練習をしよう

バランス能力は日常で様々な場面で重要な働きをします。

だからといって、闇雲にバランス練習をしても仕方ありません。

患者にとって、どのタイミングでバランスが悪くなるのかをしっかりチェックしておく必要があります。

 

  • トイレで下衣の上げ下ろしの際にふらつく
  • 歩行時、右に曲がるときにふらつく
  • 屋外歩行でふらつく
  • 人に声をかけられたときにふらつく

 

いろいろあると思います。

その動作を観察し、分析することで問題点を抽出していきましょう。

動作からの問題点抽出の方法はこちらに詳しく載っています。

動作分析できない・苦手な人向けのポイントと書き方>>>

動作分析できない・苦手な人向けのポイントと書き方【リハビリ臨床実習対策】
学生がなかなか理解できない動作観察と動作分析についてです。動作観察を超カンタンに行う方法や、動作分析に意義や目的、ポイントをまとめています。

 

 

患者がバランスを崩しやすいポイントを押さえ、それに合った介入、バランス練習をしていきましょう。

 

まとめ:筋トレもバランス練習も不可欠!積極的に導入しよう!

筋力もバランスも向上させることができればかなり安定した動作が可能となります。

安全に日常生活を営むことを目標にするのであれば、筋力とバランスは超重要な介入ポイントです。

 

絶対に適当に実施せず、どんな能力が欲しいのか分析し、そこにピンポイントでアプローチできるよう努めていきましょう。