空いた時間にスマホでアンケートに回答するだけでお小遣い稼ぎ!  あなたの意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです。   スキマ時間に手軽にバイトしよう!

マクロミルに登録する≫

国家試験1か月前の理学療法学生の過ごし方とは?




国家試験対策

理学療法士国家試験まであとわずかとなりました。

試験まで体調を崩さず、一生懸命勉強してください。

 

そして、人によっては「焦り」「悩み」「不安」などが押し寄せてくるころではないでしょうか。

国家試験で失敗すると、今までの努力が無駄になってしまうので、負けないで努力を継続していただきたいと思います。

僕も理学療法学生の最終学年が人生で1番ツラかったと同時に、人生で一番努力した時期でもあります。


国家試験が迫る残り1ヶ月、どのように過ごせばいいのかを振り返ってみます。

 




国家試験に向けた勉強の方法

国家試験の勉強方法はいままでも多くお話してきました。

絶対に100%合格する理学療法士の国家試験超対策まとめ
200点以上取って余裕で合格するための国家試験対策法をまとめています。勉強に悩んだら覗いてみるのもいいでしょう。

 

でも勉強には得手・不得手があるとおもうので、自分に合った勉強法を根気よく継続するのが一番です。

語呂合わせも、人によっては難しいと感じる人もいるでしょう。

 

僕もどちらかというと語呂合わせは苦手で、脳神経の『嗅いで視る・・・』とかいう奴は結局覚えませんでした。

国家試験の良い所は「覚えていなくても正解すれば合格できる」ということ。

今の時期に悩んでる学生は「覚えなくても当たればOK」という気持ちで受けてほしいものですね。

 

頭の悪い自分は工夫して勉強した

とにかく、自分は日常的に勉強していないと覚えられないタチなので、日ごろから専門用語を使うようにしていました。

例えば飲みすぎて二日酔いの際は「飲みすぎてアセトアルデヒドが過剰に出ている」と良い、筋肉痛がある場合は「膝を曲げた状態と伸ばした状態で足関節を動かしても痛いからヒラメ筋が痛い」というように面倒でも知ってる知識を日常会話に盛り込むことで覚えることが可能に。

 

あとは過去問のアプリでひたすら予想問題や過去問を解き続けるというのは試験前日まで継続していたことです。

 

試験1か月前にはどんな勉強をしていたの?

理学療法士の勉強には、いくらやっても不安はなくなりません。

一度不安に陥ると、自分の事が信じられなくなって悲しくなってきます。

 

そんな人でも、合格にたどり着くためにはやっぱり「諦めない」ということが本当に大事になってきます。

何度も過去問を解いているのに、いつも同じ問題で間違えてしまう場合でもそこで自暴自棄にならず、コツコツと続けるしかないんです。

 

あといろいろ失敗してしまう人は「周りに流されやすい」人が多い印象。

これいいよ!と言われた方法やテキストがあなたにぴったりだとは限りません。

人のいう事に惑わされてアレコレやる人は成功しません。

まずは1つだけに全力で取り組んでいくべき。

 

どれがいいか悩んでいる人はとにかくクエスチョン・バンクだけやってみてください。

人のことはどうでもいいんです。

まわりの人の方が頭もいいし点数も高いかもしれません。

 

でもね、250点で合格した人も168点ギリギリで合格した人も同じ合格です。

周りの人なんか関係ない、168点取れればOKなんだから。

 

国試1ヶ月前、どんな風に勉強していたか?というと

  • ずっとアプリで過去問を解いていた
  • ガストで友人と過去問を解いていた
  • ディズニーランドの並びの最中に過去問を解いていた

と、過去問しかやっていませんでした。

 

1か月前になるともう新しいことを覚えるのは無理と判断し、今の実力の底上げを図っていたんだと思います。

結果的に、過去問10年分(2000問)のうち1960点(正解率98%)という驚異的な数字を残して国試に立ち向かう事になります。

これくらい点数が取れると自信を持って国家試験に望めます。

 

勉強はメリハリをつけて毎日やる

国家試験対策でとっても重要なことは「メリハリをつける」「毎日やる」この2つです。

国試前にはクリスマスや正月などイベントが沢山あります。

イベントを楽しむなとは言いません。

 

先ほども述べたように、ぼくは国試1か月程度前にディズニーランドに遊びに行っています。

それでも、並んでいる最中に過去問を解くなど毎日勉強は継続していました。

息抜きはとっても大事なので、メリハリをつけて勉強のみならず気分転換もしてくださいね。

 

合格してしまえば、当時勉強で苦労していた時のことはほとんど忘れてしまいます。

そして、なんであんなに苦しんでいたのか?と不思議な気持ちになります。

実習も同じ。

 

今の努力や苦しみ、不安は合格さえすれば、全て「良い思い出」に代わります。

今の辛い状況を、良い思い出に変えるには今の努力を怠ってはいけないんです。

 

さいごに:国試は絶対受かる

国試は受かります。

3年間、4年間真面目に勉強してきた人は必ず受かります。

 

本番では名前と受験番号の記載をしっかりとし、見直しを確実に行いましょう。

マークシートもきちんと塗られているか確認し、消しゴムの跡が無いかも見てください。

 

4月からは理学療法士です。

これからは同じ職種としてよろしくお願いいたします。

 

 

国家試験対策の記事へ≫