動作分析できない・苦手な人向けのポイントと書き方【リハビリ臨床実習対策】

臨床実習対策




「歩行動作を何度も見てるけど全然理解できない!」
「動作分析って何をどうすればいいのか教えてほしい!」

 

理学療法士は動作のスペシャリストと呼ばれているので、動作観察・分析がしっかりできないと困ります。

しかし、姿勢観察と違って動作観察は一連の動きの中から切り取った一瞬を見極めなければならないので、慣れていないとみるポイントが多すぎて結局何も分からないままになってしまいます。

 

そこで、今回は動作を簡単に見極める方法(動作観察)と、動作分析が苦手な人でも理解するポイントをお伝えします。

 

【参考書】

 

分かりやすいように歩行動作に着目していきますが、本来は様々な動作で分析をしていくべきです。(野球選手なら投球動作、バッティング動作など)

歩行動作はあくまで動作の1つなので、歩行のみに捕らわれないようにしましょうね。

 

姿勢観察と姿勢分析の方法はこちらの記事をどうぞ

姿勢の評価でもう悩まない!観察の書き方と目的【リハビリ臨床実習対策】
学生が最も苦手とする評価の『姿勢評価』について見るポイントと記載の仕方をお伝えしています。姿勢評価は動作評価につながる重要な基盤なので、ぜひマスターしてください。

 

動作観察ができない!という学生に向けた動作観察の方法

動作観察が全然できない!という人は、目的の動作を動画で録画してしまいましょう。

歩行での観察ポイントはたくさんあります。

 


【歩行の観察ポイント】

  1. 重心の上下、左右移動
  2. 骨盤の回旋
  3. アームスイング
  4. 歩行周期
  5. 各関節の状態

 

動作観察はこれらが複雑に混ざりあってるので、1回や2回見たところで理解するのは困難です。

かといって、患者に何度も歩かせるわけにもいかないですよね。

だったら、動画で前額面と矢状面を1回ずつ撮って、それを見ながら観察したほうが早いです。

 

方法はカンタン。

  1. スマホやビデオを患者の全身が写るように固定し置く
  2. 録画し、患者に歩いてもらう

以上です。

 


【注意点】

  1. 患者が一人で歩けない場合、誰か撮影役をお願いする
  2. 手で持つとブレるので、撮影機器は固定しておく
  3. 撮影前に患者に十分な説明をし、個人情報保護に努める

 

あとは家に帰ってパソコンなどでコマ送りしながらじっくり見ればいいだけです。

 

動画撮影した画像から絵にする裏技

動画があったとしても、それを絵にするのは大変ですよね。

そんな時はトレーシングペーパーを使いましょう。

スマホやパソコン画面にトレーシングペーパーを張り付け、目的のポイントで一時停止します。

 


歩行動作で絵にするポイント

  1. IC
  2. LR
  3. MSt
  4. TSt
  5. PSw
  6. ISw
  7. MSw
  8. TSw

 

これら歩行周期のタイミングで一時停止して書き写していきます。

写し方は停止した画像の骨線に合わせて柔らかいエンピツ(Bや2Bなど)でなぞっていくだけ。

そうするとものすごく上手な棒人間が完成します。

あとはスキャンするなり切って張り付けるなりしてご活用ください。

 

動作観察は正常動作との逸脱を見よう

患者の動作(フォーム)を観察して何が分かるか?というと正常動作との違いが分かります。

そして、その逸脱したポイントを捉え、なぜそのような動作になってしまうか?を考えていきます。

このなぜ?を考えることが動作分析です。

 

動作を見て「なんとなく変だ」というのは誰でもわかると思います。

でも、どのポイントでどの関節が変だとはなかなか分からないものです。

それを理解するために動作観察をするんです。

 

動作分析が苦手な人におすすめのポイント

動作分析で重要なのは、自分がどうなってほしいのか?を考えることです。

例えば、左麻痺患者の歩行で左ICが踵から接地せず足底全部(全足底接地と言います)で着いてしまうような患者さん。

あなたはどうなってほしいですか?

そう、踵からついてほしいんですよね。

 

まず考えてほしいのは『なぜICが踵からつけないのか?』を考えていきます。

 


【踵からつけない原因予測】

  1. 右下肢の支持性低下
  2. 左背屈の随意性低下
  3. 可動域、筋力低下(足背屈、膝伸展)
  4. 股関節のコントロール不良

 

など様々な原因が浮かび上がるはずです。

その原因予測を、いままえの個別評価と照らし合わせていきましょう。

 

動作分析で浮かんだ原因とその他評価を紐づけする


【踵からつけない原因予測】

  1. 右下肢の支持性低下
  2. 左背屈の随意性低下
  3. 可動域、筋力低下(足背屈、膝伸展)
  4. 股関節のコントロール不良

このような予想が立ったら、評価と照らし合わせてエビデンス(信頼性)を確保します。

 


【踵からつけない原因と評価の紐づけ】

  1. 右下肢の支持性低下→片脚立位は何秒か?
  2. 左背屈の随意性低下→Brsの段階はいくつか?
  3. 可動域、筋力低下(足背屈、膝伸展)→ROM測定、MMTの結果はどうか?
  4. 股関節のコントロール不良→協調性検査の結果はどうか?

 

動作分析もその他の評価との兼ね合いで分析結果の信頼性が向上します。

動作分析をキチンとするためには、その他の評価もキチンとできていないといけません。

 

ROM,MMT,周径検査の目的と活用方法の記事もぜひ合わせてごらんください。

関節可動域,筋力評価,周径検査の目的と活用方法【リハビリ臨床実習対策】
ROM,、MMT、周径を評価する目的と使い方をお伝えしています。評価したらその結果を問題点抽出に役立てなければいけません。その方法を知ってください。

 

正常動作に近づけるために誘導していく

ある動作が出来ない場合、どこかに介助や誘導を入れるとできるようになるはずです。

今回はICが踵からつけないという話で進めていきます。

ICが踵からつけない理由は先ほどいくつか抽出しましたね。

 


【踵からつけない原因予測】

  1. 右下肢の支持性低下
  2. 左背屈の随意性低下
  3. 可動域、筋力低下(足背屈、膝伸展)
  4. 股関節のコントロール不良

ここに1つずつ誘導していき、動作が変化するか考えていきます。

 


【左背屈の随意性低下に誘導を加える】

  • 装具を着用する
  • TA(前脛骨筋)に刺激を与える
  • 裸足で歩いてみる

 

【股関節のコントロール不良に誘導を加える】

  • 骨盤周囲筋をグリップする
  • 骨盤ベルトの使用
  • 骨盤回旋運動の誘導

 

誘導する場所や強さはここによって異なります。

動きを誘導するために1つ1つの反応を感じ取り、変化の有無を確認してください。

そして、良い変化(この症例だと踵から初期接地できる)が起こったポイントが、介入すべき箇所となります。

 

誘導する頻度や強度でわかる動作の問題点

動作分析では誘導、介入して変化を見ることでその患者の問題点に繋げることができます。

そして、誘導の頻度や強度(強さ)である程度問題点の予測がつくので、参考までに挙げていきます。

 


【運動方向を誘導する程度:軽介助】

  • 動作の方法ややり方が理解できていない。

 

【支えながら誘導する程度:中等度】

  • 筋力低下や麻痺の影響で動作が阻害されている。

 

【動作に対してかなりの誘導が必要:重介助】

  • 疼痛、恐怖心などによる代償動作が問題の可能性がある。

 

【誘導出来ない:全介助】

  • 関節拘縮、運動制限の可能性がある

 

こうして動作がなぜできないのか?を分析して問題点抽出に繋げる事で、治療プラグラム立案にも役立ちます。

 

動作分析の意義は、姿勢観察と動作観察を基本とし、その他の理学療法評価を照らし合わせて問題点を探し、それに対するアプローチを考察していくことです。

全部ひくるめて理解しようとすると大変ですし、混乱してしまいがちなので、ひとつずつ丁寧に評価していくことをおすすめします。

 

まとめ:動作はその人にとって必要な動作を分析しよう

動作分析に正解はありません。

その動作をなぜその人が行っているのか?

それを常に考えていく過程になります。

 

もちろん、障害が無くても動作分析はできます。

まわりの人を見てください。

同じ歩き方をしている人はいませんよね。

なぜその歩き方をしているのかを考えること。

至ってシンプルです。

 

そして、自分の考える適切な動作に誘導しつつ変化があるのかを検証し続けることが重要となります。

 

動作分析が終わったら、今までの評価と共にICFに落とし込んでいきましょう。

学生がよくわからないICFの書き方を分かりやすく簡単に教える【リハビリ臨床実習対策】
ICFの書き方をできるだけ簡単に説明しています。まずは学生はICFチャートの適切な部分に書き込んでいけるようにしましょう!

 

その他、評価の方法や対策はこちらにまとめてありますので、ご参照ください。

理学療法学生必見!絶対に役立つ評価の方法や使い方まとめ【リハビリ臨床実習対策】
理学療法学生が躓いやすい評価の方法や使い方をまとめました。 ROM測定、MMT、周径評価 姿勢観察、分析評価 動作観察、分析評価 ...