【臨床実習ADL評価対策】究極のFIM!運動項目の具体例と点数




臨床実習対策

臨床実習を少しだけ楽しく過ごすためのnoteを販売しております。

  • 実習でつらい思いをしたくない
  • 楽しく過ごしたい
  • 人間関係が不安だ
  • 実習を落としたくない

そんな学生に向けて「実習を楽しんでほしい」と心から願う指導者目線の内容となっています。

学校では教えてくれない、実習中の過ごし方。

無料部分もあるので、実習に悩んだらぜひ覗いてみてください。

 

「落ちない実習」ダウンロード≫ 
 
「実習生の声」ダウンロード≫

 

学生が最も判断に困る【FIM】ですが、なぜ分からないかと言うと「具体例」を知らないから。

ここでは、運動項目の具体例とともに、FIMの全ての項目を点数化させていきます。

認知項目はこちら≫

 

もくじから必要な項目に飛んでください。

 




FIM運動項目の採点基準の基本

  • 7点:完全自立
    すべての課題を適切な時間内に安全に遂行できる
  • 6点:修正自立
    補助具の使用、通常より時間がかかる、安全性の考慮のうちどれかが必要
  • 5点:監視・準備
    体に非接触で、監視や指示、準備や指示が必要

  • 4点:最少介助
    手で触れる程度の介助、課題の75%以上を自分で遂行できる
  • 3点:中等度介助
    手で触れる程度以上の介助、課題の50%以上を自分で遂行できる
  • 2点:最大介助
    課題の25%以上50%未満を自分で行う
  • 1点:全介助
    課題の25%未満を自分で行う
  • 手すりや杖を使用した時点で6点
  • 介助者が身体に触れる介助をした時点で4点以下
  • 「していない」項目がある場合
    例えば「整容」を全てしていないのなら1点、「整容」のうち、1部をしていないのなら、残りの要素のみで評価
  • 本人ができるのに行わない場合
    本人ができるのに介助を求めたら、「指示が必要」と解釈し5点、介助を求めず、行おうとしない場合は1点

 

 

食事(Eating)

  • 食べ物を口に運ぶ、咀嚼、嚥下を含めた評価
  • 配膳後から評価となる(配膳・準備(肉のカット、プリンの蓋を開ける等)は含まれない)
  • 刻み・ペースト食は最大6点

7点

  • 配膳・下膳のみしてもらい他は自立
  • 箸は使えないがスプーンやフォークで1人で食べられる
  • デイルームでみんなで食べているが、スタッフが注意を向けなくても大丈夫

6点

  • 自分でストロー・特別なスプーン・エプロンを準備して使用する
  • 全て自立しているが食べるのに時間がかかる
  • 経管栄養だが準備は自立している

5点

  • 食事の早さや一口量の監視が必要
  • ストロー・特別なスプーン・エプロンを準備してもらう
  • 配膳後に準備が必要
    バターを塗る、ソースをかける、袋を切る、食べこぼしの処理など

4点

  • 食べ物をかき集めてもらう
  • 介助者に口の中に食べ物が残ってないか確認してもらう

3点

  • 装具の装着、スプーンでのかき集めは介助が必要だが口に運ぶのは自分でできる

2点

  • 半分程度食べたら食事をやめてしまい、残りは介助にて摂取する

1点

  • 経管栄養を受けていて自己管理できない

 

整容(Grooming)

  • 口腔ケア、整髪、手洗い、洗顔、髭剃り(または化粧)の5項目で評価する
  • 自助具や装具を自分で用意できれば6点
  • 電気コードを差して充電したり化粧品を所定の位置に戻す行為も含まれる。

 

例えば

  • 口腔ケア:自立(100%)
  • 整髪:自立(100%)
  • 手洗い:自立(100%)
  • 洗顔:軽介助(75%)
  • 髭剃り:軽介助(75%)

の場合、(100+100+100+75+75)÷5で90%自立となり、点数は4点となります。

7点

  • 自分ですべて準備して5項目すべて実施している
  • 入れ歯だが自分で洗える

6点

  • 自助具や補助具を使用し、自分で装着できる
  • 時間がかかるが5項目すべて自分で行える
  • 電動歯ブラシ、電気カミソリ、濡れタオルを使用して実施できる

 

5点

  • 歯磨き粉をつけてもらう
  • 装具、自助具の装着をしてもらう
  • 洗面用具の準備をしてもらう
  • 電動髭剃りの充電をしてもらう
  • 化粧品の蓋を開けてもらう

4点

  • あごの髭だけ剃ってもらう
  • はみがきでゆすいでもらう

3点

  • 片方の奥歯を磨いてもらう
  • 片手を洗ってもらう

2点

  • 歯磨きは介助だがすすぐのは自分でできる
  • 顔を洗えるが、仕上げの大半を介助してもらう

 

1点

  • 全て行ってもらう

 

清拭(Bathing)

  • 洗髪、背中洗いは評価しない
  • すすぎ、乾燥までを評価する
  • 洗い直しが必要であれば4点となる
  • 左右上肢、左右大腿、左右下腿、胸、腹、陰部、臀部の10か所で評価すると点数化しやすい

 

7点

  • 背中以外を洗え、乾かすことができる
  • 洗えるが、洗おうとしない

6点

  • 滑り止めマット、シャワーチェアを使用して自立
  • 時間がかかるが全て自分で行える
  • 柄付きブラシやループ着きタオルの使用

5点

  • 柄付きブラシやループ着きタオルを装着してもらう
  • 石鹸をつけてもらう
  • お湯の温度を調整してもらう
  • バスタオルを持ってきてもらう

4点

  • タオルを絞ってもらう
  • 清拭する時に支えてもらう
  • 体の1部分だけ洗ってもらう

3点

  • 洗えるが乾かせない
  • 下半身は洗ってもらっている

2点

  • 洗う、すすぐ、乾かす動作の半分以上が介助である
  • 片手と胸、腹しか洗えない

1点

  • 特浴の使用
  • 全て自立だが、不十分なので介助者に全身を洗い直ししてもらう
  • 体の1部分しか洗えない

 

更衣(上半身)Dressing upper body

  • 主に使っている衣服(人前に出て恥ずかしくない格好)で評価する
  • 下着の着脱も評価する
  • 義手は自分で着脱が自立していれば7点
  • 入浴の際の着脱は評価対象としない

 

7点

  • 下着を含めた衣類を自分で取り出し、着脱する
  • 義肢装具を使用するが自分で着脱して更衣動作ができる

6点

  • マジックテープなどで改良した特殊な衣服を着用する
  • 時間がかかるが自分で行える
  • 自助具や装具を自分で装着し、更衣できる
  • 手すりや椅子を使用している

5点

  • 洋服の準備をしてもらう
  • 義肢装具を着脱してもらう
  • 転倒の危険が無いか監視してもらう
  • 衣服の乱れがあり、声掛けで指摘して直せる

4点

  • ボタン掛けの介助
  • 着衣の乱れの修正介助が必要
  • ブラジャーのホックの介助が必要

3点

  • 片袖を通してもらい、頭から被せる介助が必要
  • 半分だけ介助が必要

2点

  • 片袖だけ自分で通せる
  • ボタンだけ自分でできる

1点

  • 更衣しない
  • 協力動作はあるが、自分では更衣動作ができない

更衣(下半身)Dressing lower body

  • 主に使っている衣服(人前に出て恥ずかしくない格好)で評価する
  • 下着、靴下、SHBの着脱も評価する
  • 義足は自分で着脱が自立していれば7点
  • 入浴の際の着脱は評価対象としない
  • 着脱を容易にするOリングやファスナー付きシューズは6点

 

  • 装具だけ介助が必要なら6点
  • 紙おむつはパンツと同じ扱い
  • お尻部分が十分上げきれない場合、指示して直せれば5点、手伝いが必要なら4点
  • 本人が面倒くさがって着替えない場合1点
  • 座っても寝てても、全て自分でできていれば7点

7点

  • 下着を含めた衣類を自分で取り出し、着脱する
  • 義肢装具を使用するが自分で着脱して更衣動作ができる
  • 市販のマジックテープ留の靴を履いている
  • 紙おむつの着脱が自立している

6点

  • ズボンのファスナーをマジックテープに改良してある
  • 時間がかかるが自立している
  • 手すりを使用する

5点

  • 洋服の準備をしてもらう
  • 肢装具を着脱してもらう
  • 転倒の危険が無いか監視してもらう
  • 衣服の乱れがあり、声掛けで指摘して直せる

4点

  • 靴ひもを結ぶ、ファスナー上げの介助のみ必要
  • 更衣後の衣服の乱れを修正する必要がある

3点

  • 靴と靴下のみ介助してもらっている

2点

  • ズボンを膝まで通してもらえば自分で行える
  • 下着のみ自分で履ける

1点

  • 協力動作のみできる
  • 2人介助で実施する

トイレ動作(Toilething)

  • 衣服を下げる、拭く、衣服を上げるの3項目で評価
  • 生理用品の始末も含む
  • ポータブルトイレを利用しても7点
  • 手すりの使用は6点

 

  • 日中自立、夜間オムツだったら低い方を取り1点
  • 排尿時と排便時で介助量が違う場合、低い方を点数とする
  • 人工肛門管理ができれば7点
  • トイレまで行く場合は「移動」トイレに乗り移る場合は「移乗」で評価し、トイレ動作に含まない

7点

  • 自分でバランスを取り、衣服の上げ下げ、ペーパーで拭くことが出来る
  • 生理用品を廃棄し、新しいものに付け替えることが出来る
  • 人工肛門の管理をし、ストマを清潔に保てる
  • 尿器を使用しているが、衣服の上げ下げや拭くことはできる

6点

  • 手すりを使用している
  • トイレ動作の為に義足を使用している
  • 滑り止めマットを使用している

5点

  • 自助具の準備をしてもらう
  • トイレの近くで見守っててもらう
  • ナプキンなどを袋から出してもらう

4点

  • 衣服の上げ下げの際、体を支えてもらう
  • ファスナーの上げ下げの介助が必要

3点

  • 衣服を下げる、挙げる、陰部を拭く作業の内、1つだけ全介助してもらう
  • 衣服を下げる、挙げる、陰部を拭く作業の3つに簡単な介助が必要

2点

  • 衣服を下げる、挙げる、陰部を拭く作業の内、2つを全介助してもらう
  • 衣服を下げる、挙げる、陰部を拭く作業の内、3つにかなりの介助が必要

1点

  • お尻上げ、立位保持などの協力動作のみ

 

排尿コントロール(Bladder management)

  • 排尿動作とは、括約筋を自分の意思でコントロールすること
  • 失敗とは、汚染により衣服やシーツを交換すること、つまり失禁しても集尿器を当てていれば失敗にならない
  • 自己導尿は全て自立していても6点
  • 導尿頻度は週1回以下なら5点、自尿より導尿のほうが多ければ2点
  • バルンは自分で処理できれば6点、膀胱洗浄を介助してもらっているなら4点以下

 

  • 日中自立、夜間オムツだったら低い方を取り1点
  • 毎回時間誘導が必要だが失敗しない場合、自分で管理できていないので1点
  • 排尿関係の薬を使用している場合、薬の管理ができていれば6点

7点

  • 排尿のコントロールができ、決して失敗しない

6点

  • しびん、差し込み尿器、カテーテル、おむつを使用しているが自分で着用し、自分で廃棄している
  • 導尿の自立

5点

  • 尿器を使用し、その処理を介助者にお願いしている
  • 導尿の説明を受けながら自分で実施できる
  • 失敗が1月に1回程度

4点

  • 失敗が月1回以上
  • 自尿の頻度が導尿の頻度より多い
  • オムツを付けて貰っているが失禁していない

3点

  • 失敗が1日1回未満、週に1回以上
  • 自尿と導尿が同程度の頻度

2点

  • 夜間のみ失敗する
  • 介助導尿のほうが多い
  • 時間誘導してもらうことが多い

1点

  • 毎回失敗する
  • 毎回時間誘導している
  • カテーテルの装着から処理までを任せている

排便コントロール(Bowel manegement)

  • 排便動作とは、括約筋を自分の意思でコントロールすること
  • 失敗とは、汚染により衣服やシーツを交換すること、つまり失禁してもオムツを当てていれば失敗にならない
  • 下剤の使用は6点

 

  • 人工肛門だがストマは自分で処理して清潔に保てる場合は6点
  • 月に3~5回程度の下剤の使用は7点

7点

  • たまに下剤を使用している
  • 決して失禁しない

6点

  • 差し込み便器、ポータブルトイレ、おむつ、自己摘便を自分でしている
  • 人工肛門を自分で管理している
  • 便失禁があるが、自分でおむつを処理できる

5点

  • 座薬、浣腸を袋から出してもらう
  • 失敗が月に1回未満
  • ポータブルトイレを用意してもらう

4点

  • 失敗が週に1回未満、月に1回以上
  • 座薬の頻度が毎日

3点

  • 失敗が1日に1回未満、週に1回以上
  • 便失禁が10日に1回程度

2点

  • 失敗が週に複数回ある

1点

  • 毎日失敗する
  • 全て時間誘導してもらっている
  • 毎日便の失敗があるため、オムツを着用している

 

移乗:ベッド・椅子・車いす(Transfers:bed,chair,wheelchair)

  • ベッド上の起き上がり、ベッドからの立ち上がり、車いすへの移乗の一連の動作を評価
  • 車いすはブレーキや不っとレストの上げも評価

 

  • リフターの使用を自立していれば6点
  • 移乗動作は自立しているが、徘徊予防のため抑制されている場合は5点
  • 移乗の往復で介助量が異なる場合、低い方の点数をつける

7点

  • 車いすのブレーキ、フットレスト管理も含め、手すりを使用せず自立している

6点

  • 手すりや車いすのアームレストを使用する
  • トランスファーボード、リフトを使用するが自力でできる
  • 滑り止めマットの使用

5点

  • トランスファーボードの準備、車いすのブレーキの管理が必要
  • 移乗はできるが、徘徊予防の為に抑制されている

4点

  • 腰ひも、腰ベルトに触れる
  • 手で添える程度の介助

3点

  • 軽く引き上げる程度の介助
  • ベッドからの起き上がりが全介助だが異常は自立している

2点

  • かなりの力で引き上げる介助が必要

1点

  • 2人介助が必要
  • リフターに乗せてもらい、移乗する

移乗:トイレ(Transfers:toilet)

  • トイレの脇についたところから評価する
  • 便器に近づき、座り、立つことを評価する
  • ポータブルトイレは自立していても6点
  • 日中と夜間で介助量が異なる場合、低い方を点数とする
  • 差し込み便器を使用し、トイレには行っていない場合は1点

 

7点

  • 安全に移乗できる
  • 車いすのブレーキ、アームレストの操作ができる
  • トイレの蓋の開け閉めはできないが、その他はできる

6点

  • リフト、手すり、杖などの自助具を使用している
  • トイレの手すりに摑まる

5点

  • 車いすのブレーキ、フットレストの上げ下げを介助する
  • 近くで見守りが必要

4点

  • 腰ひも、腰ベルトに触れる
  • 手で添える程度の介助

3点

  • 軽く引き上げる程度の介助
  • ベッドからの起き上がりが全介助だが異常は自立している

2点

  • かなりの力で引き上げる介助が必要

1点

  • 2人介助が必要
  • 差し込み便器を使用し、便器に移乗していない

 

移乗:浴槽・シャワー(Transfers:tub or shower)

  • 浴槽付近からのアプローチ、浴槽の出入り、浴槽内の立ち上がりを評価する
  • シャワーのみの人はシャワーチェアへの移乗動作を評価する
  • 浴室の出入り口の評価はしない
  • 特浴の場合は1点
  • 清拭のみの場合は1点

 

7点

  • 浴槽付近からのアプローチ、浴槽の出入り、浴槽内の立ち上がりを安全にできる
  • 浴室に入るときに介助を要するが、浴室内に入ってしまえば自立している

6点

  • バスボード、手すり、義肢装具などを使用し自立している
  • 滑り止めマットの使用

5点

  • バスボード、手すり、義肢装具などの準備に介助が必要
  • 安全に問題があり監視が必要

4点

  • 浴槽への移乗で片足のみ介助が必要
  • 触る程度の介助

3点

  • 浴槽からの引き上げの介助が必要
  • バスボードを使用し、両足を持ち上げてもらう介助が必要

2点

  • 一連の動作でかなりの引き上げ介助が必要

1点

  • 2人介助
  • 特浴の利用
  • 浴槽移乗を行っていない(本人の拒否も含む)

移動(Locomotion)

  • 歩行距離、車いす駆動距離、その介助量を評価する
  • 車いすを使用していれば6点以下
  • 距離の目安は50m

 

7点

  • 50mを安全に杖を使用せず歩行する
  • アームスリングや頸椎カラーなどの下肢装具以外の使用

6点

  • 下肢装具や杖を使用し50m歩行できる
  • 車いすを用いて50m以上移動できる
  • 徘徊予防の警報器を付けているが50m以上移動できる

5点

  • 50mの移動に監視や促しが必要
  • 15mの移動を自立(監視なし)して可能
  • いざりやハイハイで15m以上の移動が自立

4点

  • 介助者に手を添えてもらい50m以上歩行可能
  • 車いすで50m以上移動できるが、曲がり角などで介助が必要

3点

  • 介助者に支えられて50mの歩行が可能
  • 車いすでまっすぐであれば50m移動可能(曲がれない)

2点

  • どんなに介助しても15mしか歩行できない
  • 車いすでまっすぐであれば15m移動可能(曲がれない)

1点

  • どんなに介助しても15m未満しか歩行できない
  • 車いす操作が15m未満しかできない
  • 全く移動できない

階段(Stairs)

  • 移動段数、介助量を評価する
  • 12~14段可能か、不可能な場合、4~6段可能か評価する
  • リウマチなどで日内変動がある場合、低い時間帯の点数をつける
  • 階段が5段しかなく評価できない場合、3往復して15段の昇降として考える

 

7点

  • 普段はエレベーターだが必要であれば12~14段の昇降ができる

6点

  • 手すりを使って12~14段の昇降ができる
  • 杖や義足を使用し12~14段の昇降ができる

5点

  • 12~14段の昇降ができるが、監視が必要
  • 4~6段の昇降であれば自立している(補装具の有無は問わない)

4点

  • 12~14段の昇降を介助者がいればできる

3点

  • 12~14段の昇降を介助者に支えてもらう必要がある
  • 12~14段の昇降を足を上げる介助が必要

2点

  • 軽く介助してもらえば4~6段の昇降ができる
  • 触れる程度の介助で4~6段の昇降ができる

1点

  • 訓練室でのみ昇降できるが実動作はできない
  • 2人介助
  • 怪我の恐れがあり、実施していない
  • 階段昇降できない

 

以上で運動項目のFIM検査は終了です。

全てを計算し、88点満点で計算してください。

FIMは

  • 運動項目の合計点数(91点満点)
  • 認知項目の合計点数(35点満点)
  • 運動項目と認知項目の合計点数(126点満点)

の3種を導き出すのが基本です。