【パーキンソン病】臨床実習こそエビデンスのあるリハビリ・理学療法介入をしよう!

疾患別




各疾患には日本理学療法士協会が提唱する「理学療法ガイドライン」というものがあります。

過去の様々な研究や文献、論文から効果の有無や信頼性の高さを分類し、ガイドラインとして多くの理学療法士が作成しているもので、我々も臨床介入の参考にしています。

学生も、エビデンスのある介入をしていく必要があるので、ここでは分かりやすくエビデンスのあるもの(信頼性が高いとされているもの)をピックアップし、記載していきます。

 

教科書に載っていることも重要ですが、このガイドラインも重要ですのでぜひ臨床参加研修(臨床実習)の参考にしてください。

 

今回はパーキンソン病についてです。

 

【パーキンソン病】
中脳の黒質緻密層、青斑核などの脳幹部の変性・脱落を病変とする進行性変性疾患。
50~60 歳以降の高齢に発症することが多く、有病率は人口 10 万対 100~150 人程度とされる

 

【参考書】

 

パーキンソン病の疫学

  1. 静止時振戦、固縮、無動、姿勢反射障害の四大兆候を示す
  2. L-ドーパなどの抗パーキンソン病薬が使われる
  3. 抗パーキンソン病薬の副作用はwearing-off 現象、on-off 現象、ジスキネシア、幻視・幻聴など

 

パーキンソン病のエビデンスのある理学療法評価法

パーキンソン病に対する評価項目をピックアップしていきます。

 

パーキンソン病の疾患特異的評価指標

  1. Hoehn & Yahr の重症度分類(Hoehn and Yahr staging scale: H&Y stage)
  2. パーキンソン病統一スケール(unified Parkinson’s disease rating scale: UPDRS)

 

パーキンソン病の身体機能に関する評価指標

  1. 歩行速度、歩幅、歩行率(gait speed,step length,stride,cadence)
  2. Berg balance scale(BBS)
  3. functional reach test(FRT)
  4. timed up & go test(TUG)

 

パーキンソン病のquality of life(QOL)、精神機能に関する評価指標

  1. medical outcomes study 36-item short-form health survey(SF-36)
  2. 老年期うつ評価尺度:geriatric depression scale(GDS)

 

パーキンソン病のエビデンスのある理学療法介入

パーキンソン病に対するリハビリをピックアップします。

もちろん、ここに載っていない治療法も効果がある場合が多いですので、参考までにどうぞ。

 

パーキンソン病の理学療法全般(exercise,physical therapy)

  1. 持久性運動、柔軟性運動、筋力増強運動、協調性・バランス運動を含む多様な運動実施
  2. 薬物療法と運動療法の組み合わせが良い
  3. バランス練習と合わせて筋力増強運動を実施すると良い

 

パーキンソン病の筋力増強運動(muscle training,strength training)

  1. 筋力強化は効果を認める
  2. ボルグスケール7から13
  3. 四肢の柔軟体操、体幹筋力増強、エアロビクスなども有効

 

パーキンソン病のバランス運動(balance training,balance exercise)

  1. バランス訓練は有効である
  2. トレッドミル上での前後左右歩行

 

パーキンソン病の全身運動(aerobic training,aerobic exercise)

  1. トレッドミル、自転車エルゴメーター
  2. カルボーネン法による心拍数管理

 

パーキンソン病のトレッドミル歩行(treadmill training)

  1. トレッドミルの有効性は認められる
  2. 合わせてストレッチング、片足立ちなどの運動を取り入れる

 

パーキンソン病の在宅運動療法(home-based exercise)

  1. 膝屈伸運動、ステップ運動
  2. ストレッチング、関節可動域訓練、バランス訓練、歩行訓練、転倒予防教育

 

パーキンソン病の感覚刺激(sensory cueing)

  1. リズミカルな感覚刺激(聴覚、視覚、体性感覚)
  2. メトロノームの使用
  3. 1~2hzのリズム

 

パーキンソン病のリハビリまとめ

パーキンソン病に対しては筋力増強運動、バランス運動、全身運動、トレッドミル歩行などが有効です。

とくにいろいろな文献からトレッドミルの有効性が示唆されているので、ぜひチャレンジしてみたいですね。

 

治療プログラムの内容に関しては、患者の性格や病期の進行度合いによって異なるので正確な評価が求められます。

しかもその症状は色々とあるので、本当に全身を評価しなければならないので学生には少し大変かもしれませんね。

 

だからこそ、パーキンソン病の特徴を捉え、スムーズに評価・治療できるようにしていきましょう。

 

 

【参考】