【なぜか人に嫌われる】実習で指導者や患者に好かれるための極意




準備

臨床実習を少しだけ楽しく過ごすためのnoteを販売しております。

  • 実習でつらい思いをしたくない
  • 楽しく過ごしたい
  • 人間関係が不安だ
  • 実習を落としたくない

そんな学生に向けて「実習を楽しんでほしい」と心から願う指導者目線の内容となっています。

学校では教えてくれない、実習中の過ごし方。

無料部分もあるので、実習に悩んだらぜひ覗いてみてください。

 

「落ちない実習」ダウンロード≫ 
 
「実習生の声」ダウンロード≫

 

臨床実習に気合を入れて参加しても、空回りして…

あれれ?いつの間にか指導者に嫌われてる?

 

大学生や専門学生はいい子が多いのですが、良く見ると嫌われてしまうタイプの子もいます。

 

  • 挨拶ができない
  • 反応が薄い
  • 修正できない
  • 自己主張が強い
  • 否定から入る

 

こういった気質がある大学生や専門学生(以下・大学生に統一します)は嫌われてしまう素質があるかも?

もしかして、あなたは嫌われていませんか?

 

自分では気づきにくいものなので、客観的に自分を見つめなおしてみてください。

ここでは、実際に学生を50人以上指導してきた私が、嫌われやすい大学生の特徴と対策をお伝えしていきます。

 




なぜか人に嫌われる…その特徴とは?

基本的に私たちは大学生が好きです。

自分も学生でしたし、意欲のある学生や、やる気のある学生には親身になってお話をしてあげたいですよ。

 

でも気に入る子と、そうでない子がいるのも事実。

そこに頭の良し悪しはあまり関係ありません。

 

嫌われる大学生には特徴があるんです。

嫌われる特徴①:挨拶ができない

挨拶ができないと嫌われる

挨拶は基本です。

挨拶ができないと「あの学生は挨拶という基本もできない」と嫌われてしまいます。

 

  • おはようございます
  • お疲れ様です
  • お先に失礼します

 

は言えると良いですね。

 


【対策】

実習指導者も言えてないじゃん!という声も聞こえてきますが、大学生と指導者では立場が違います。

目上の人が挨拶をしていないからといって、キミたちが挨拶をしなくていいというわけではありませんよね?

 

率先して挨拶していきましょう。

そうすれば、顔と名前を覚えてもらいやすくなるし、そうなると実習もイージーモードに突入です。

【臨床実習の挨拶】時と場所で好印象を与える「あいさつ」のコツ
臨床実習の挨拶ってどうすればいいの?時と場所に応じた挨拶の方法を知ることで好印象を与えることができます。

嫌われる特徴②:反応がない

これくらいの反応が欲しい?

こちらが何を伝えても「はぁ…」とか「頷くだけ」だったら本当にこの子は分かっているのかな?と不安になります。

やっぱり人間同士の対話ですし、「分かった」か「分からない」かは反応してほしいですね。

 

あまり反応がないと「あの子には何を伝えても反応が無いからいいや」と、指導に熱が入らなくなります。

反応しない=理解していると受け取るから。

 

反応しないのに「教えて貰ってない」は通用しませんよ。

そういう面倒な大学生は嫌われやすいです。

 


【対策】

「分かりました」「分かりません」「ここまでは分かりました」と、自分の理解状況を伝えましょう。

無言が一番ダメです。


 

嫌われる特徴③:修正しない

言われたら修正しよう

言われたことを修正してこないのはダメですよね。

レポートなどでもそうですが、指導を受けた内容はキチンと修正してきましょう。

 

もし時間が無くてできなかった場合は、素直に「できませんでした」と言えば済むことです。

何度言われても修正・訂正・改善してこない大学生は「伝えても無駄だ・改善する気なし」と判断されます。

 

「誰からも指導されない」というのは、もしかしたらキミが悪い可能性もあるのでは?

 


【対策】

できることから修正し、出来なかったら素直に「できませんでした」と言う。


 

嫌われる特徴④:自己主張が強い

強すぎる主張はNG

学生は謙虚であれ。

学生はまだ十分な経験が無いから養成校で学んでいるわけですよね?

それなのに「自分はこうだ」「こうであるべきだ」と自己主張が強いと反抗的であると思われてしまいます。

 

実習ですから、理不尽なことがあるかもしれません。

私にもありました。

 

でもそこでけんか腰にならず、謙虚に受け入れる柔軟さも必要だと思いますよ。

 


【対策】

反論はデイリーノートでする。

【デイリーノートの書き方】効率よく臨床実習を楽にする書き方の例
理学療法士の臨床実習で使用するデイリーノートの書き方と正しい活用法をお伝えします。使いこなせば、実習をもっと楽に、充実したものに変えることができます。

 

嫌われる特徴⑤:否定から入る

否定から入る癖をなくそう

「でも」「だって」など、否定から入る大学生は嫌われやすいです。

私たちの指導や教育を否定されたと受け取られ、あの学生は反抗的だ、受け入れができていないと評価され嫌われてしまいます。

 

というか、大学生に限らず否定から入る人は嫌いです。

まずは受け入れてください。

私はそうしています。

 


【対策】

「わかりました、しかしこちらの案もいいと思いますが…。」と、受け入れてから否定しする。

否定から入る癖がついていることが多いので自分の話し方を意識してみる。


 

好かれる学生になるための極意:謙虚に元気よく!

以上が大学生が嫌われるパターンと対策です。

自分に当てはまっているところがないか、もう一度確認してみてください。

 

もし実習で嫌われないか不安な方は、以下の2つを意識して参加してください。

 


  1. 謙虚に
  2. 元気よく

 

これは私が学生の頃に散々言われてきたことです。

 

私は嫌われるタイプの学生だったので、よく「謙虚に」と言われていました。

謙虚とはすなおに相手の意見などを受け入れることです。

 

指導者の言葉だけでなく、学校で学んだことをその通りにアレンジすることなく発揮していけば全然問題ないです。

この時期の学生に「個性」は不要なんですよ。

 

しっかりと実習指導者とコミュニケーションを取れていれば、実習に苦労することなんて何もありません。

臨床実習に臨む前にするべき「準備」まとめ!これで実習が楽になる!
臨床実習に臨むために必要な『準備』を4つ厳選しまとめました。これを読んで実習の準備をし、少しでも楽に乗り切りましょう。