空いた時間にスマホでアンケートに回答するだけでお小遣い稼ぎ!  あなたの意見が世の中の商品やサービスの改善に役立っているのです。   スキマ時間に手軽にバイトしよう!

マクロミルに登録する≫

実習中に患者から拒否された!リハ拒否の対処法と解決策




実習中の悩み
  • 実習でつらい思いをしたくない
  • 楽しく過ごしたい
  • 人間関係が不安だ
  • 実習を落としたくない

そんな学生に向けて「実習を楽しんでほしい」と願いを込めたnoteを作成しました。

学校では教えてくれない、実習中の過ごし方を教えます。実習に悩んだらぜひ覗いてみてください。

 

「落ちない実習」試し読み≫

「実習生の声」試し読み≫

 

「もう来るな」「学生じゃなくて先生にやってもらいたい」「今日はリハビリしません」

 

実習中に患者に拒否されてしまう事はありませんか?

みんなは患者の為を思って行動しているのに、理不尽に拒否される。

なぜでしょうか?

 

患者から拒否されている時に無理やりリハビリに誘ってももっと拒否されるだけです。

患者から学生が拒否された時の対処法を考えていきましょう。

 




なんでリハビリ拒否されるの?

リハビリ拒否の理由は大きく3つに分かれます。

  1. リハビリをしたくない「欲求的拒否」
  2. あなたのことが嫌い「嫌悪的拒否」
  3. どうしたらいいかわからない「病的拒否」

あなたの患者がどの拒否に当てはまるかによって対応策は変わります。

 

①リハビリをしたくない「欲求的拒否」

欲求的拒否は、患者自身がリハビリ以外にやりたいことがある場合に起こります。

  • リハビリよりも「寝ていたい」
  • リハビリよりも「テレビを見たい」
  • リハビリよりも「おしゃべりしていたい」

このように、リハビリするよりももっとやりたいことがある場合に拒否が起きます。

 

皆もそうじゃないですか?

  • 勉強するよりyoutubeを見たい
  • 勉強するより友達と遊びたい

患者だって同じなんですよ。

リハビリは結構辛いですから、リハビリをしたくない、休みたいと考えても全く不思議ではないですよね。

 

対処法

欲求的拒否の対処法は以下の通り。

  1. 再訪する時間を伝え、立ち去る
  2. 患者の興味のあるものを提案する

 

眠い、休みたい、テレビが見たい、おしゃべりをしたいなどの欲求的拒否は、その欲求が満たされれば解決します。

つまり、今は患者の興味のあるものをしてもらって、時間を置いて改めてリハビリをすればいいんです。

テレビ番組が終わったら迎えに行くとか、1時間休ませてからもう一度リハビリに案内するとか。

 

リハビリに興味を持ってもらえず拒否されるのであれば、患者の興味のあるものでリハビリを提案すると良いですね。

「屋外散策」「麻雀」「卓球」「積み木崩し」「ストラックアウト」など、患者が「やりたい」と思えるようなリハビリメニューを提案すべきです。

筋トレって、重りを足に付けて膝の曲げ伸ばしをしなければいけないんですか?

スクワットは絶対にしないといけないんですか?

それに代わる楽しいリハビリを提案してあげてください。

 

患者の好きなものが分からないんであれば、情報収集不足です。

こちらの記事を読んで勉強してください。

【レポート】対象者情報・基本的情報を上手く書くコツ【リハビリ実習・レジュメ】
理学療法学生の臨床実習対策!レジュメの書き方です。今回は情報収集の方法と対象者情報の書き方をお伝えします。かなり重要なポイントなので、ぜひご参照ください。

 

②あなたのことが嫌い「嫌悪的拒否」

嫌悪的拒否は、最も対処しにくい拒否です。

  • あなた自身が患者に嫌われてしまった場合
  • リハビリ自体がイヤになってしまった場合

の2つが考えられます。

 

あなたの人間性や話し方、態度が嫌いになってしまったという方もいるでしょう。

学生より、ちゃんと資格を持った理学療法士にリハビリしてもらいたいと思う患者もいるでしょう。

また、運動が好きな人ばかりではありませんし、不慮の事故で病気や怪我になってしまった場合メンタルも落ちてしまう事もあるはず。

こういった方の拒否の対処法を考えます。

 

対処法

患者に嫌われてしまった場合、対処はかなり難しいです。

 

まず何が原因で嫌われてしまったのかを把握し、必要であれば患者に謝罪しなければなりません。

私たちだって、不用意な一言で相手を不快にさせてしまうことはあります。

自分で聞くことが出来なければ、指導者や学校の教員に報告し原因を究明してもらいましょう。

謝罪に行く際も、指導者とともに行かないとダメですよ。

 

リハビリ自体が嫌いで拒否された場合はリハビリを無理にしないでも良いです。

誰だって運動や疲れる事、痛いことはしたくありませんよね。

ここで無理にリハビリに誘うと、余計拒否が強くなってしまいます。

 

かといって全く何もしないのではリハビリは進みませんから、こちらから譲歩するといいです。

  • 寝てるだけでは体力が落ちますから、ちょっと起きてみませんか?
  • 少しだけお茶でも飲みに行きませんか?
  • 外に散歩に行きませんか?

まずは「ベッドから出てもらう事」を目標に行動し、離床を促します。

離床してくれたら、「ちょっと立つところを見せてくれませんか?」などと、少しずつリハビリを促していくと良い場合が多いです。

 

③どうしたらいいかわからない「病的拒否」

病的な拒否は、認知症や鬱病が原因で意味もなく拒否するものです。

  • 不穏でリハビリに参加してくれない
  • リハビリが進まない
  • 暴言や暴力

病的な拒否ですから対処法な無い・・・と思いがちですが、ここでは「傾聴」が有効です。

 

対処法

傾聴とは、もともとカウンセリングに活用されてきたコミュニケーションの技法で、相手の話したいことに対して深く丁寧に耳を傾け、相手を否定せず関心を寄せて共感的理解を示すこと。

ただ話を聞いたり自分の関心のあることだけを質問したりするのではなく、相手が話したいことや伝えたいことを真摯に受け止め、共感的な態度で理解に務める聞き方を目指します。

 

「うなずき」、「相槌」、「アイコンタクト」、「間を取る」といったごく普通の動作を用いて相手の話を親身に聞いていると、徐々に信頼関係が生まれて拒否がなくなってきます。

時間をかけてじっくりと話を聞くことが重要で、20分や40分のリハビリの時間では改善しない事もしばしば。

その場合、毎日出向いて傾聴していきましょう。

 

拒否が出たらまずは指導者か学校の先生に相談をしよう

実習中に患者に拒否されると、実習が進まなくて大変です。

自分の力だけでどうにかするのでなく、拒否されたら指導者か学校の先生に相談しましょう。

 

「〇〇さんにリハビリを拒否されるのですが、どうしたらいいですか?」と聞けばなんらかの対処法を提案してくれます。

例えば、指導者が一緒についてきて説明してくれたり、担当を変えて貰ったり。

患者拒否によって実習が進まないで不合格・・・なんてことになる前に、まずは相談しましょうね。