臨床実習対策

スポンサーリンク
臨床実習対策

学生がよくわからないICFの書き方を分かりやすく簡単に教える【リハビリ臨床実習対策】

ICFの書き方をできるだけ簡単に説明しています。まずは学生はICFチャートの適切な部分に書き込んでいけるようにしましょう!
臨床実習対策

【FIMの具体例】認知項目には何を書けばいいの?具体例と点数を紹介

わかりにくいFIMの認知項目を具体例ととともに点数化していきます。ポイントも抑えてあるので、実習に役立ててください。
臨床実習対策

【FIMの具体例】運動項目には何を書けばいいの?具体例と点数を紹介

わかりにくいFIMの運動項目を具体例ととともに点数化していきます。ポイントも抑えてあるので、実習に役立ててください。
臨床実習対策

【バランス練習】Timed up&go test(TUG)の目的・評価方法・注意点【実習用】

臨床実習でよく使われるTimed up&go test(TUG)の目的・評価方法・注意点を学生用にまとめました。
臨床実習対策

実習のMMT(徒手筋力検査法)で褒められるポイントを教える

学生がMMTを全て完璧にこなすのは不可能なので、そのポイントを絞って「ここだけは注意するように!」という部分をご紹介します。
臨床実習対策

【テンプレ】実習でICFを書くときはこの中からチョイス!問題点の上げ方と書き方

ICFに何を書いたらいいか分からない、どんな問題点があるか書けない方に、テンプレートを用意しました。この中から、自分の患者に使えそうなものをピックアップし、内容を変えて活用してください。
治療の解説

【マッサージ・ストレッチ】リハビリでの治療効果、目的ってなに?【臨床実習対策】

適当にマッサージやストレッチをしているだけじゃもったいない!学生のうちから真剣に取り組めば良い理学療法士になれる!
治療の解説

【目的別】実習でバランス練習をする目的と方法の解説【リハビリ】

バランス練習を実施する時、どこまで深く考えてやっていますか?人間は重力と筋力と支持基底面でバランスの釣り合いを取っています。学生こそバランス練習の意味を知り、患者に合った運動を実施すべきです。
治療の解説

【学生必見】筋力トレーニングは効果・エビデンスのある方法で実施せよ【リハビリ臨床実習対策】

筋トレとバランスを向上するだけで、患者の能力は劇的に向上します。しかし、その方法や目的を知らない学生は多いように感じます。目的を持って実施し、患者のQOLとADLを高めていきましょう。
治療の解説

学生の評価を高めるADLとIADLのアプローチ方法【リハビリ臨床実習対策】

学生がほとんど対応できないADL、IADLのアプローチ法をお伝えしています。理学療法士こそ生活関連動作にアプローチし、PTとしての武器を増やしましょう。
治療の解説

関節可動域訓練(ROM)とモビライゼーションの違いとは?リハビリの目的と方法を知る

学生が良く理解できていないROM-exとモビライゼーションの違いを説明しています。
治療の解説

【リハビリ】歩行訓練ってどうすればいいの?方法と目的と効果とは

歩行練習は目的を持って実施しないと意味がありません。歩行訓練の目的と実施方法、歩行補助具の説明を臨床実習レベルでお伝えします。
治療の解説

【ROM】関節可動域訓練ってなに?種類・目的・効果を知ろう!【リハビリ実習】

学生の頃の経験と今の指導者としての経験から、関節可動域訓練(ROM-ex)の基本をしっかりと学べるように順序だててお伝えしていきます。
書類・レポート

【例文あり】レポートで統合と解釈を簡単に書く方法【リハビリ実習】

臨床実習生が悩みやすい「統合と解釈」についてお話します。その書き方を分かりやすく、例文を用いてお伝えしますね!
スポンサーリンク